さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog > 雑感 > ページ4

マスターのブログ Blog(雑感)

そういえば先日

 

皆様お疲れ様でございます。マスターでございます。

 

マスターの家の洗面台には、キッチンハイターや手洗い用ビオレ、スタンプ式ハンドソープなど4種類のボトルが置いてあるのですが、

 

先日は手を洗う時に間違えて、マウスウォッシュ薬用デンタルリンスを手につけて洗ってしまいました。

 

おかげで両手がミントの香りになりました。とてもスッキリしました。

 

そういえばこの間、小学校に娘を迎えに行った時、近所の友達も一緒だったので、マスターの車に乗せてあげました。

 

すると、その子が「この車、お爺ちゃんの車と同じにおいがする」と言いました。

 

「がーん ( ̄◇ ̄;)」

 

その言葉に、マイクタイソンに殴られたような衝撃を受けましたが、

 

いやいや、もしかしたら、

「この子のお爺さんと車の芳香剤が同じなのだろうか?それとも年齢や仁丹による加齢臭なのか?最近食べたカレーのカレー臭なのか? 地下鉄はどこから入ったのか?」など、

考えだしたら夜も眠れなくなってしまいます。

 

小さな子供は正直です。何でも素直に聞いてきます。周りの空気を読むことなど致しません。

 

マスターは少し車の窓を開け、外の空気を取り込みました。

 

そういえば、先日の休みにスーパーに買い物に行くと、骨付き鶏モモが1本140円で売っていたので、家で夕食のおかずに骨付き鶏の照り焼きを作りました。

 

あまりの巨体さに、フライパンには入り切らなかったので、ホットプレートでまとめて料理しました。

骨付き鶏の照り焼き

(写メは野菜を取り除いたあとのもの)

 

骨付き鶏は中まで火が通りにくいので、包丁で切り目を入れ、

 

野菜とオリーブオイルを入れ、野菜の水分で蒸し焼きになるよう、じっくりと弱火で焼いていきます。

 

鶏モモに火が通ってから、調味料を入れ、照りをつけ完成です。

 

この日もダイエットはやめる事に決定し、ビールと140円の骨付き鶏の照焼きで大満足の夕食でした。

 

 

 

We Love山陰キャンペーンのチケットが使えます

プレミアムチケット

現在、さかな工房では、旅館やホテルに宿泊するともらえる「We Love山陰の鳥取県プレミアムクーポン」が使用できますので、ご使用をご検討のほど、よろしくお願い致します。

 

 

日本の航空会社

 

ANAとJAL

 

これは実際にあった有名な話ですが、

 

平成のある日、ロンドンのヒースロー空港が雪に包まれ、航空機の離発着が出来ない状態になりました。

 

空港に停まっている沢山の飛行機は、除雪作業をしなければターミナルから離れられません。

 

そしてたくさんの乗客が、飛行機の中や空港ターミナルの中で、除雪作業が終わるのを待っていました。

 

このようにどの飛行機も停止している中、しばらくすると尾翼に鶴のマークの飛行機(JAL)が動き出し、みんなの見ている前で離陸して行きました。

 

そしてすぐに、青い尾翼の飛行機(ANA)が後を追うように離陸して行きました。

 

当時、ロンドン・ヒースロー空港に居た人たちは、なぜ日本の飛行機だけが離陸できたのか不思議に思いました。

 

後に、疑問に思った人が日本の航空会社に、あの雪の中、日本の飛行機だけがなぜ離陸できたのかを問い合わせたところ、驚きの答えが返ってきました。

 

それは、日本の飛行機は、パイロットやCAさんたちが、みずからスコップで飛行機の周りの雪かきをして飛行機が通る道を作り、やっと離陸することが出来たのだそうです。

 

乗客の皆さんを早く目的地までお連れしたいという、機長やクルーの思いがそうさせたのだと思います。

 

誰かのために頑張る、人のためにこそ努力するという、これこそ日本人が長い歴史の中で培ってきた「利他の心」だと思います。

 

皆様におかれましては、コロナが終わり、もし海外旅行に行くことがございましたら、出来るだけ日本の航空会社をご利用頂ければ幸いです。

 

 

 

 

青谷弥生人そっくりさんが決定致しました!

青谷弥生人

 

このたび鳥取県民55万人の最大の関心事である「青谷弥生人のそっくりさんは誰だ!」グランプリが決定致しました。

 

グランプリに輝いたのは、大阪府柏原市の吉田昌弘さんであります。吉田さん、グランプリ受賞おめでとうございます。

 

吉田さんは弥生人になりきるため、ヒゲと髪を弥生風にのばし、

 

自己紹介では「地元の博物館で弥生文化を勉強して、弥生レベルを上げて来た」とコメントなさっています。

 

 

マスターの大好きな大阪の方が選ばれて嬉しく思います。さかな工房にいらっしゃる大阪の皆様は、とてもフレンドリーでノリが良く、楽しい時間を過ごしていらっしゃいます。

 

吉田さんもノリのよい関西人でいらっしゃると思いますので、境港に来ることがありましたら、是非、ノリを沢山のせた海鮮丼をご馳走致したいと思いますので、ご来店くださいませ。

 

吉田さんにおかれましては、鳥取県のために青谷弥生人をPRして頂き、誠に有難うございます。今後とも鳥取のために、何卒よろしくお願い致します。

 

 

テルテル坊主

 

テルテル坊主

 

この写真は浮遊霊でも目の錯覚でもございません。

子供たちが遠足の日に晴れるよう、家中の窓に貼り付けたテルテル坊主であります。

 

外から見たら、新しい宗教の家か何かと勘違いされそうなくらい、25個のテルテル坊主がなぜか窓に貼ってあり、

 

普通ならヒモでぶら下げるのですが、ティッシュペーパーで作ってあるので、雨に弱く外には出せないとの事でした。

 

家の中から晴れを祈念する、頼りないテルテル坊主でしたが、翌朝は見事に晴れて、子供たちは喜んで遠足に出かけて行きました。

 

娘はご褒美にテルテル坊主を一つ、遠足に連れて行ってあげたそうです。でも鼻が出たら、そのテルテル坊主さんで鼻をかむつもりなんでしょうね。

 

 

 

このページの先頭へ