さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog > 雑感 > ページ3

マスターのブログ Blog(雑感)

上杉鷹山 (うえすぎ ようざん) 前編

上杉鷹山

前回のブログが意外にも好評でしたので、今回は知る人ぞ知る江戸期の名君、「上杉鷹山  うえすぎ  ようざん」にスポットライトを当ててみたいと思います。
                                                        アメリカの第35代大統領ジョン F ケネディが、日本人記者団との非公式な記者会見で、「日本人の中で尊敬する人はいますか?」と聞かれ、ケネディは「ウエスギ  ヨウザン」と答えました。その時、日本人記者団が「だれ?それ」となったのは有名な話であります。
                                                         その後、2014年9月27日、ケネディ大統領の長女であり、当時、駐日大使であったキャロライン・ケネディは山形県米沢市を訪れ、「私の父は、公的利益のために、その身をいとわなかった18世紀の東北大名、上杉鷹山を称賛していました」と感慨深げにスピーチしました。
                                                       この上杉鷹山(ようざん)は多額の借金でつぶれかかっていた米沢藩を、苦労して再建させた人物であります。
                                                      鷹山(ようざん)は高鍋藩(宮崎県)に生まれ、祖母が上杉家の出身だったため10才の時に米沢藩8代藩主、上杉定重の養子になりました。
                                                    上杉家は関ヶ原の合戦で敗れて以降、石高を120万石から15万石に減免されましたが、家臣の数を減らすことができず、120万石の時から変わらない6千人の家臣団を有しておりました。
                                               名門である上杉家は華美な生活を改めることが出来ず、財政は破たん寸前で、現在の貨幣に換算すると160億円を超える借金を抱えていました。その上、領内では凶作が続き農民は年貢と飢餓に苦しんでいました。
                                                    現在と違い、当時は中央から交付金などなく、中央に年貢を納めながら、藩の財政を独自で立て直さなければならなかったのです。
まず鷹山は倹約を家臣団に伝えましたが、「殿は小藩の出身なので大藩の振る舞いはご存知ない」と馬鹿にして従おうとしません。
やはり、いつの時代も改革に猛烈に反対する人たちはいるものです。
                                                    そこで鷹山は領内に倹約の指示を出し、自分の生活費を7割カットし、浮いたお金でうるしの木や桑の木、こうぞ(和紙の原料木)の苗を買い、やる気のある農民に配りました。そうして自分の支持者を増やしていったのです。
                                                    米沢は寒冷な気候であるため、稲作だけに頼らず、うるしからローソクを作り、桑の葉でカイコを飼い、こうぞから和紙を作り、紅花を植えて染料や油を取ってそれを売り、藩の財政の一助にしました。
                                                    また、鷹山が住んでいる屋敷の庭をすべて畑にし、毎日自分で耕し自給自足、粗末な食事を心がけました。そして家族が住んでいる部屋を、カイコを飼う部屋にし、まゆから糸を取り、絹やつむぎを妻子に織らせました。
更に、領内の女子たちに職業を授けるため、越後から、はたおり職人を招き、その方法を教えさせました。これが世に名高い「米沢織り」の始まりであります。
荒れ地を開いて農業を営もうとする者には、農具や種もみを与え、税金を3年間免除しました。また、各地で馬を飼わせ、農業の手助けとなるようにしました。
鷹山自身も遠山村の荒れ地を開墾していきました。その姿を見た藩士たちは感動し、最上級に位置する侍組の人たちもクワを持って働くようになりました。2年間で約18万坪の荒れ地が開墾され、だんだん米の収穫が増えてゆきました。
                                                    そして米沢の将来を考え、江戸から儒学者である細井平洲(ほそい へいしゅう)を招き、身分の差が無く、やる気のある者なら誰でも学べる学校を作りました。
                                              鷹山は死ぬ間際まで改革を続け、72歳で亡くなりましたが、その翌年に米沢藩はすべての借金を返済することができました。
                                             格言・・・なせば成る    なさねば成らぬ何事も
  成らぬは人の   なさぬなりけり

伊能忠敬 後編

伊能忠敬 日本地図

 

 

師弟

伊能忠敬(いのう ただたか)の先生である高橋至時(たかはし よしとき)は幕府の天文方でした。
                                                      至時40歳の時、オランダの新しい暦法の書物を得て、わずか半年の間に研究、著述しました。
しかし、もとから病身であった至時は、この昼夜を分かたずの激しい勉強のために、たいそう健康を損じて、翌年41歳の生涯を閉じました。
                                                      至時は伊能忠敬の根気の良いのに感心し、特に力を入れて教え、また後には、北海道その他の測量を忠敬にさせるよう幕府にとりなしました。
                                                      至時は新しい知識を得ると、すぐに忠敬に伝え、忠敬はそれを実地に応用して、師弟一体になって日本の学問のために力を尽くしました。
                                                       至時が死んだ時、忠敬は非常に力を落としました。しかし、先生の教えを虚しくしてはならぬと思い、自らを奮い立たせ、とうとう日本全国測量の大事業を成し遂げました。
                                                    忠敬は74歳で亡くなりましたが、死ね時に「自分にこれだけのことが出来たのは、高橋先生のおかげであるから、自分が死んだら、先生の側に葬ってほしい」と家族に言い残しました。
                                                         今でも浅草の源空寺には、この師弟の墓が並んで立っています。

伊能忠敬 前編

  1. 伊能忠敬

 

 

伊能忠敬(いのう ただたか)は上総(今の千葉県中部)に生まれ、18歳の時、酒や醤油を造る伊能家を継ぎました。しかしその頃、伊能家は衰退していました。
そこで忠敬は、どうかして元のように栄えさせようと、一生懸命に家業に励み、自分が先頭に立って倹約したので、家も次第に繁盛して、40歳になる頃には、前よりも豊かになりました。
                                                         関東に2度も飢饉があった時は、お金やお米をたくさん出して、困っている人びとを助けました。また、公職について村のために尽くしました。
                                                     50歳になると家業を長男に譲り、もともと好きだった天文、暦法の勉強を深めるため江戸に出ました。
                                                      江戸では高橋至時(たかはし よしとき)という天文学者のもとを訪ね、その精密な西洋暦法の話を聞いて感動し、自分よりも19歳も年下の至時の弟子になりました。
そして数年間倦まず弛まず勉強したので、同門中で及ぶものがないほど学問が上達しました。
                                                       56歳の時、幕府の許しを受けて、北海道の東南海岸を実地に測量し、地図を作って差し出しました。
                                                 その後、幕府の命で諸方の海陸を測量することになり、寒暑をいとわず遠方まで出かけ、とうとう72歳で日本全国の測量を済ませました。
                それから後も、忠敬は身体の自由がきかなくなるまで、大中小、三種の日本地図を作ることに努めました。江戸時代に我が国の正しい位置や形が初めて明らかになったのは、忠敬の手柄であります。
格言    精神一到  何事か成らざらん
                                      ※高橋至時・・・明和元年(1764)〜享和四年(1804)寛政の改暦などを行った。

ぶらマスター

ピザ

 

先日、タモリさんのぶらタモリを真似して松江市の和多見町をブラブラ歩いていました。すると、外見上は何の変哲もない一軒のピザ屋さんを発見。通り過ぎようとしましたが、胃袋レーダーの警報音が鳴ったので、南町奉行所の同心としての責任感から、このお店でピザを食べることにしました。
お店の名前は「UWOZA  うおざ」さんであります。店内の雰囲気は、ザ・イタリア!という感じで、まるでイタリアの小さなお店に来ているような錯覚をしてしまいます。(イタリアに行ったことはないのですが)
店の奥にはピザ生地をこねる台と、マキが燃えている大きなピザ窯があり、ここでピザ以外のものを頼んだら、店長にしばかれる気がします。
メニューを開いてみると、イタリア語ではなくカタカナ表記でした。(ホッε-(´∀`; ))
以前、海外旅行した時にレストランでオランダ語のメニューが読めず、適当に注文したら脂ギタギタの煮豆とチャーハンみたいなものが出てきて、メタボまっしぐらだと思った事を思い出しました。
今回注文したのは定番の「マルガリータ」と、日独伊三国軍事同盟にちなんで「ビスマルク」というピザを注文。
食べてみるとピザがめちゃくちゃ美味しい!思わず人差し指で穴があくくらいホッペをグリグリ、ブオーノのサイン。イタリア万歳!思わずビールとワインで乾杯。
ぶらタモリが吉田類の酒場放浪紀に変わってしまいました。
松江市に居ながら本場の味が堪能できる「UWOZA  うおざ」さん最高でした。10年前から営業なさっていたなんて知りませんでした。
ああ、しまった!今日も2キロ太ってしまった。

残雪のだいせん

だいせん

 

先日、大山にある「モンベルだいせん店」に買い物に行ってきました。残雪の大山はとても美しく、思わず立ち止まって見惚れてしまうほどでした。

 

ここ大山は奈良時代からの山岳信仰の霊場で、平安時代には天台宗の西日本における一大拠点でした。

その昔、比叡山延暦寺では、大山で任期を務めないと出世できないほどの重要地であり、僧侶のキャリア形成の場でありました。

 

その大山寺に参拝し、釣り鐘を突いて合掌、山麓に響き渡る鐘の音の余韻を感じていると、お腹も鳴ったので昼食を摂ることに。

 

大山寺の参道にある「モンベル・フレンドマーケット大山参道市場」にて名産品を買い、併設するレストランにて大山ウインナーとガパオライス五穀米セットをお洒落に頂きました。

 

ガパオライスの意味を考えながら眉間にシワを寄せて食べていると、ふと、以前に食べたナシゴレンを思い出しました。当時はナシゴレンに梨が入っていると勘違いし、入ってないなーと思った記憶があります。

 

それって沖縄のタコライスにタコが入って無い事や、長崎のトルコライスはトルコ共和国で食べれないのと同じではないかというのと同じですよね。そんな事を考えながら、久しぶりの大山に癒されてきました。

 

皆様も是非、大山のモンベルを訪れてみて下さい。

本日もマスターのつたないブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

このページの先頭へ