さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog > 雑感 > ページ3

マスターのブログ Blog(雑感)

ぶらマスター

ピザ

 

先日、タモリさんのぶらタモリを真似して松江市の和多見町をブラブラ歩いていました。すると、外見上は何の変哲もない一軒のピザ屋さんを発見。通り過ぎようとしましたが、胃袋レーダーの警報音が鳴ったので、南町奉行所の同心としての責任感から、このお店でピザを食べることにしました。
お店の名前は「UWOZA  うおざ」さんであります。店内の雰囲気は、ザ・イタリア!という感じで、まるでイタリアの小さなお店に来ているような錯覚をしてしまいます。(イタリアに行ったことはないのですが)
店の奥にはピザ生地をこねる台と、マキが燃えている大きなピザ窯があり、ここでピザ以外のものを頼んだら、店長にしばかれる気がします。
メニューを開いてみると、イタリア語ではなくカタカナ表記でした。(ホッε-(´∀`; ))
以前、海外旅行した時にレストランでオランダ語のメニューが読めず、適当に注文したら脂ギタギタの煮豆とチャーハンみたいなものが出てきて、メタボまっしぐらだと思った事を思い出しました。
今回注文したのは定番の「マルガリータ」と、日独伊三国軍事同盟にちなんで「ビスマルク」というピザを注文。
食べてみるとピザがめちゃくちゃ美味しい!思わず人差し指で穴があくくらいホッペをグリグリ、ブオーノのサイン。イタリア万歳!思わずビールとワインで乾杯。
ぶらタモリが吉田類の酒場放浪紀に変わってしまいました。
松江市に居ながら本場の味が堪能できる「UWOZA  うおざ」さん最高でした。10年前から営業なさっていたなんて知りませんでした。
ああ、しまった!今日も2キロ太ってしまった。

松江市 沖縄酒家 島球にて

三線ライブ

 

先日、松江市にある沖縄酒家「島球」さんにて三線部の発表会ライブに行ってきました。

 

マスターは三線部の幽霊部員なので中々参加出来なかったのですが、今回初めて参加して楽しんできました。写真は監視カメラが偶然捉えた貴重な映像です。

 

三線(さんしん)とは沖縄の楽器で、弦が3本あり胴体にニシキヘビの皮が巻いてある三味線のような楽器です。

 

曲は「ユイユイゆいまーる」と「三線の花」「赤田首里殿内」の三曲を披露させて頂き、唄者は「外江地区をきれいにする会」の会長にして頂きました。会長には素晴らしい歌声を披露して頂き感謝致しております。

 

参加者の皆さんはとても上手で、CDデビューしても良いくらいのレベルで、めちゃくちゃ盛り上がりました。

 

お約束の曲「オジー自慢のオリオンビール」では、皆さんグラス片手に「あっり乾杯!」を絶叫しボルテージは最高潮に。気分はもう沖縄在住の境港市民です(どっちやねん!)

 

心良く受け入れて下さった沖縄酒家「島球」のスタッフの皆様、参加者の皆さんには本当に感謝致しております。その節はお世話になりありがとうございました。

 

皆様も是非、沖縄酒家「島球」さんで沖縄料理をお召し上がり下さいませ。沖縄気分に浸れますので、どうぞよろしくお願い致します。

 

 

 

 

残雪のだいせん

だいせん

 

先日、大山にある「モンベルだいせん店」に買い物に行ってきました。残雪の大山はとても美しく、思わず立ち止まって見惚れてしまうほどでした。

 

ここ大山は奈良時代からの山岳信仰の霊場で、平安時代には天台宗の西日本における一大拠点でした。

その昔、比叡山延暦寺では、大山で任期を務めないと出世できないほどの重要地であり、僧侶のキャリア形成の場でありました。

 

その大山寺に参拝し、釣り鐘を突いて合掌、山麓に響き渡る鐘の音の余韻を感じていると、お腹も鳴ったので昼食を摂ることに。

 

大山寺の参道にある「モンベル・フレンドマーケット大山参道市場」にて名産品を買い、併設するレストランにて大山ウインナーとガパオライス五穀米セットをお洒落に頂きました。

 

ガパオライスの意味を考えながら眉間にシワを寄せて食べていると、ふと、以前に食べたナシゴレンを思い出しました。当時はナシゴレンに梨が入っていると勘違いし、入ってないなーと思った記憶があります。

 

それって沖縄のタコライスにタコが入って無い事や、長崎のトルコライスはトルコ共和国で食べれないのと同じではないかというのと同じですよね。そんな事を考えながら、久しぶりの大山に癒されてきました。

 

皆様も是非、大山のモンベルを訪れてみて下さい。

本日もマスターのつたないブログを読んでいただき、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

年越したソバ

 

波積屋さん

 

先日、義母の墓参りの帰りに斐川町の「波積屋」さんで出雲ソバを食べてきました。この「波積屋」さんは、うどんのたまきチェーンの系列店であり、美味しい出雲ソバを食べさせてくれるお店なのです。

 

 

数あるメニューの中で迷いに迷った挙句、一つに絞ることが出来ずに定食を二つ注文してしまいました。その時の写真がこれです。出雲ソバ定食&鴨ソバ定食よカモン!という訳で、

 

 

店内が満席であるにもかかわらず、カウンターの席を一人で二席も占領してしまいました。かなり大ひんしゅく。隣のおばさんの視線が痛い。和食なのにイタメシになってしまった( ̄O ̄;)

 

しかしながら、いつ来てもこのお店のソバは美味しいです。ソバだけでなく、炊き込みご飯も鴨南蛮も、梅干しの天ぷらもアレもこれもメチャクチャ美味しいです。

 

 

あまりの美味しさに、他のお客さんがフードバトル選手権か、ダイソンかと勘違いするほど早食い吸引してしまいました。

 

マスターにとってソバがドリンクのカテゴリーになった瞬間でした。いやはや大満足でありました。ごちそうさまでした。合掌(˘ω˘ )。

 

皆様も出雲空港近くにある「波積屋」さんへ、機会がございましたら是非、お立ち寄り下さいませ。

とんどさんの準備

とんどさんの準備

 

新年の5日に住んでいる地区の「とんどさん」が行われました。とんどさんとは注連縄や古い神宮大麻などを焼く行事であります。

 

 

今年マスターは「とんどさん」の設営隊に任命されていたので、15人くらいのイケメンメンバーが13日に集合し、10メートルくらいの竹を切り出し、笹などで組み立て飾り付けをしてきました。写真はまだ製作途中の段階です。

 

 

今年の恵方は西南西なので、そちらを正面にし、地域の神社から持ってきた飾りを取り付けて完成です。

 

 

その後は紅白もちを配りながら地区を回り、寄附金を集めに歩くのですが、日頃の接客業務が奏功し難なくクリアーする事が出来ました。

 

 

マスターは土日が仕事なので、なかなか地区の活動に参加出来ないのですが、地域のために皆んなで何かするのは清々しいものですね。

 

 

子供たちのためにも地域の伝統行事がずっと続いてほしいと思いました。

このページの先頭へ