さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog > 雑感 > ページ2

マスターのブログ Blog(雑感)

博愛の精神

みかん船

 

紀の国、今の和歌山県の船乗り「虎吉  (昔は庶民に苗字が無かった)」らの乗った船は、みかんを江戸に降ろした帰りに嵐に遭いました。

 

船は暴風、高波により遠くへ流され、2ヶ月近く太平洋を漂流しました。水も食料も尽き、いよいよ最期かと思ったその時、ちょうど通りかかったアメリカの捕鯨船に救われ、その船に乗せてもらいました。

 

この船は北の海にクジラを捕りにいく所でしたので、虎吉らはクジラを捕るのを手伝いながら、帰国の時を待ちました。

 

半年経って捕鯨船がアメリカに帰ることになり、船長が他の船に虎吉らの事を頼み、香港まで送り届けてもらいました。

 

香港では仕立て屋をしている日本人が親切に世話をしてくれ、フランスの船に頼んでくれ、なんとか上海まで送ってもらいました。

 

上海では役人の保護を受け、日本行きの船に乗せてもらい、見知らぬ人の善意のリレーにより、3年ぶりにふるさとに帰ることが出来ました。

 

郷里ではすでに全員死んだものと思っていたところへ、無事に帰って来たので、みんな泣いて喜びました。

 

世の中は知っている人も知らない人も、ひろく愛するのが人間の道であります。

 

色々な災害や災難に遭って困っている人を救うのはもちろん、人の痛みを自分の痛みのように考えるのが博愛の精神です。

 

最近ではコロナウィルス、武漢肺炎が地方へ拡がる懸念があり、田舎の人びとが疑心暗鬼になりつつあります。

 

 

しかし、武漢肺炎に感染した皆さんも、たとえ不注意があったとしても、コロナウィルスの被害者だと思います。

 

 

GO TO キャンペーンも始まりますので、「明日は我が身」と肝に銘じつつ、今後ともさかな工房のスタッフ一同、衛生管理に努めていく所存でございます。

 

今までもこれからも、県内外のお客様を問わず、皆様のご来店をお待ち申し上げております。

 

 

 

 

ある犬のお話し

ある犬のおはなし

 

皆さんは「ある犬のおはなし」という絵本をご存知でしょうか?

 

フェイスブックで150万いいね!がついたこの絵本は、犬や猫の殺処分ゼロを願って書かれた絵本です。

 

マスターの家族も子犬の時から飼い始めて、もう16才になるトイプードルがいます。16年も一緒にいると性格や好み、考えていることが大体わかってきて、もはや家族の一員になります。

 

このように愛情を注いでもらえるペットは幸せですが、この絵本に描かれているように、残酷な結末を迎える動物たちもたくさんいるのが現実であります。

 

最近では反社会勢力の人たちが、金儲けの為に子犬を沢山育て販売し、子犬が売れ残ったら匂いが出ないように冷凍保存し、産業廃棄物として捨てられるという悲惨な話もあります。

 

人間に飼われている犬たちは、飼い主を頼り信頼し、飼い主のことが好きで好きでたまりません。たまにイタズラもしたりしますが、いつも気にかけてほしいからなのです。

 

そんな犬たちが飼い主に裏切られ、保健所に連れて行かれ、可哀想な最後を迎える現実を知ってほしいので、この絵本を紹介させて頂きました。

 

犬や猫など様々なペットを飼うのに必要な事は、死ぬまで飼い続けるという覚悟だと思います。

 

このブログを最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

境港市の地域振興券が使えます

境港市地域振興券

 

いつもお世話になり誠に有難うございます。

 

境港市では全市民に、1人につき5000円の地域振興券が配られております。

 

さかな工房でも地域振興券が使えますので、是非ともご利用くださいますようお願い申し上げます。

 

水戸黄門さま

BS-TBS 水戸黄門をよろしくお願いします

 

 

BS-TBSにおきまして放送された水戸黄門さまが、3月末で東北の旅を終えました。皆さまご覧頂けましたでしょうか?

 

水戸黄門さまは、今まで様々な俳優さんで演じられ、その度に賛否両論が巻き起こっております。ちなみに、初代の黄門さまは1957年に月形龍之介さんが演じており、現在の衣装も当時のものをずっと使用しております。

 

 

マスター個人の好みでは東野英治郎さんが1番しっくりくるのですが、今回の武田鉄矢さんも、なかなか人間味あふれる黄門さまです。特に眉間のシワが憂いの表情を表していて、とても好感が持てます。

 

徳川家康の孫、水戸光圀公は「大日本史」を編纂し、紀元体による日本の歴史書を完成させた人物でありますが、

 

書物を書くのに紙は付きもの。江戸時代このようなエピソードが残っております。

 

ある日、水戸光圀は城に勤める女性たちが紙を粗末に扱うのをやめさせようと、冬の寒い日に女性たちに、紙すき場を見せに行かせました。

 

紙すき場では、そこで働く女たちが、冷たい川にヒザまで浸かって、何度も何度も紙をすいていました。

 

城の女性たちは寒風に吹かれながら、紙が1枚ずつ作られていくのを、長い時間、見学して帰りました。

 

そこで光圀は「たとえ1枚の紙でも、紙すきの人たちが苦労して作った紙なので、決して無駄にしてはならない」と伝えたところ、

 

女性たちは深く納得し、それ以降は紙を大切に使ったそうです。

 

現在では物が溢れる豊かな暮らしをしておりますが、マスクなどを始め、無くなった時にこそ、初めて有り難さがわかるものなのですね。

 

 

 

NHKの受信料を払っている皆さまに朗報です

未来少年コナン

 

マスターの世代は「コナン」と言えば未来少年コナンでしたが、最近では名探偵コナン君が世界的に有名でございます。

 

コナン君は鳥取県ゆかりのアニメであり、ゲゲゲの鬼太郎さん共々、今後ともよろしくお願い致します。

 

実は、マスター世代では、コナンと言えば未来少年コナンであり、なんとそのコナンがNHKで再放送されております!

 

あの宮崎駿さんが監督、シリーズ構成、キャラクターデザイン、メカニックデザインまで担当なさった不朽の名作であります。

 

声優陣も今となっては豪華な顔触れで、ラナ役の信沢三惠子さまは、水島新司作品のアニメ「野球狂の詩」において、ドリームボールを投げる水原勇気役で人気を博し、

 

小原乃梨子さまはタイムボカンシリーズのドロンジョ役、ドラえもんののび太など。永井一郎さま、吉田理保子さま、家弓家正さま、などなど、日本国民なら誰でも必ず声を聴いたことがある皆様でございます。

 

ある意味、宮崎アニメのルーツがここにあると言っても過言ではないと思いますので、是非録画をなさって、家族皆さまでご覧になってください。

 

 

このページの先頭へ