伊藤小左衛門は4人兄弟の長男で伊勢(三重県)の人でありました。

 

小左衛門は江戸時代に室山村で味噌や醤油の製造販売をしていました。兄弟が力を合わせて仕事に励みましたので、室山の味噌や醤油は地元で評判になりました。

 

ある年、伊勢で大地震があり、屋敷や蔵はほとんど倒壊し、不幸にも追い討ちをかけるように長雨が続いて、仕込んでいた味噌や醤油が腐ってしまいました。

 

世間の人たちは口々に「いかに室山の味噌屋といえども、もう潰れるしかないだろう」と陰口をたたきました。

 

小左衛門は三人の弟に「今から兄弟4人で力と心を合わせ、あきらめずに頑張ろう。3年後にはきっと元の商いにしてみせよう」と、お互い手を握り合い、固く決意しました。

 

それから兄弟は仕事を手分けして、一人は潰れた蔵を片付け、別の一人は味噌や醤油の仕込みを始め、そしてもう一人は蔵の再建のために遠方へ木材の買い付けに行きました。材木商に頼むより自分たちで買った方が安く済むからです。

そして小左衛門は三人の弟たちに指示したりお金を工面したり、全体の計画を立てていきました。

 

このようにして4人の兄弟は上下の境なく、昼夜分かたず働いたので、3年も経たないうちに前よりも立派な蔵ができ、商いも元の通り繁盛するようになりました。

 

このたびの大地震が教訓となり、小左衛門は製茶や製糸業も始めることにしました。4兄弟はいつも互いに助け、力を貸し合って仕事に励んだので、家はますます繁盛しました。

 

伊藤小左衛門は幕末から明治初期にかけて三重県四日市地域に近代産業の種をまき、四日市工業地帯のいしずえを築いたのでした。

 

この伊藤小左衛門の話は、武漢コロナ禍にあえぐ我々日本人にとって学べることが多々あります。1つ挙げるとすれば困った時こそ家族や仲間が協力して困難を乗り越えていく姿勢です。人は1人では何も出来ません。そして今、何を成すべきか考え、出来ることをコツコツと積み上げていく努力が大切なのではないでしょうか。

 

これで小左衛門の話は終わりになります。

本日も、長くつたないブログを最後まで読んでいただき、誠にありがとうございました。

 

皆様におかれましても、今年一年が良き年となりますよう、心よりお祈り致しております。