上杉鷹山

前回のブログが意外にも好評でしたので、今回は知る人ぞ知る江戸期の名君、「上杉鷹山  うえすぎ  ようざん」にスポットライトを当ててみたいと思います。
                                                        アメリカの第35代大統領ジョン F ケネディが、日本人記者団との非公式な記者会見で、「日本人の中で尊敬する人はいますか?」と聞かれ、ケネディは「ウエスギ  ヨウザン」と答えました。その時、日本人記者団が「だれ?それ」となったのは有名な話であります。
                                                         その後、2014年9月27日、ケネディ大統領の長女であり、当時、駐日大使であったキャロライン・ケネディは山形県米沢市を訪れ、「私の父は、公的利益のために、その身をいとわなかった18世紀の東北大名、上杉鷹山を称賛していました」と感慨深げにスピーチしました。
                                                       この上杉鷹山(ようざん)は多額の借金でつぶれかかっていた米沢藩を、苦労して再建させた人物であります。
                                                      鷹山(ようざん)は高鍋藩(宮崎県)に生まれ、祖母が上杉家の出身だったため10才の時に米沢藩8代藩主、上杉定重の養子になりました。
                                                    上杉家は関ヶ原の合戦で敗れて以降、石高を120万石から15万石に減免されましたが、家臣の数を減らすことができず、120万石の時から変わらない6千人の家臣団を有しておりました。
                                               名門である上杉家は華美な生活を改めることが出来ず、財政は破たん寸前で、現在の貨幣に換算すると160億円を超える借金を抱えていました。その上、領内では凶作が続き農民は年貢と飢餓に苦しんでいました。
                                                    現在と違い、当時は中央から交付金などなく、中央に年貢を納めながら、藩の財政を独自で立て直さなければならなかったのです。
まず鷹山は倹約を家臣団に伝えましたが、「殿は小藩の出身なので大藩の振る舞いはご存知ない」と馬鹿にして従おうとしません。
やはり、いつの時代も改革に猛烈に反対する人たちはいるものです。
                                                    そこで鷹山は領内に倹約の指示を出し、自分の生活費を7割カットし、浮いたお金でうるしの木や桑の木、こうぞ(和紙の原料木)の苗を買い、やる気のある農民に配りました。そうして自分の支持者を増やしていったのです。
                                                    米沢は寒冷な気候であるため、稲作だけに頼らず、うるしからローソクを作り、桑の葉でカイコを飼い、こうぞから和紙を作り、紅花を植えて染料や油を取ってそれを売り、藩の財政の一助にしました。
                                                    また、鷹山が住んでいる屋敷の庭をすべて畑にし、毎日自分で耕し自給自足、粗末な食事を心がけました。そして家族が住んでいる部屋を、カイコを飼う部屋にし、まゆから糸を取り、絹やつむぎを妻子に織らせました。
更に、領内の女子たちに職業を授けるため、越後から、はたおり職人を招き、その方法を教えさせました。これが世に名高い「米沢織り」の始まりであります。
荒れ地を開いて農業を営もうとする者には、農具や種もみを与え、税金を3年間免除しました。また、各地で馬を飼わせ、農業の手助けとなるようにしました。
鷹山自身も遠山村の荒れ地を開墾していきました。その姿を見た藩士たちは感動し、最上級に位置する侍組の人たちもクワを持って働くようになりました。2年間で約18万坪の荒れ地が開墾され、だんだん米の収穫が増えてゆきました。
                                                    そして米沢の将来を考え、江戸から儒学者である細井平洲(ほそい へいしゅう)を招き、身分の差が無く、やる気のある者なら誰でも学べる学校を作りました。
                                              鷹山は死ぬ間際まで改革を続け、72歳で亡くなりましたが、その翌年に米沢藩はすべての借金を返済することができました。
                                             格言・・・なせば成る    なさねば成らぬ何事も
  成らぬは人の   なさぬなりけり