伊能忠敬 日本地図

 

 

師弟

伊能忠敬(いのう ただたか)の先生である高橋至時(たかはし よしとき)は幕府の天文方でした。
                                                      至時40歳の時、オランダの新しい暦法の書物を得て、わずか半年の間に研究、著述しました。
しかし、もとから病身であった至時は、この昼夜を分かたずの激しい勉強のために、たいそう健康を損じて、翌年41歳の生涯を閉じました。
                                                      至時は伊能忠敬の根気の良いのに感心し、特に力を入れて教え、また後には、北海道その他の測量を忠敬にさせるよう幕府にとりなしました。
                                                      至時は新しい知識を得ると、すぐに忠敬に伝え、忠敬はそれを実地に応用して、師弟一体になって日本の学問のために力を尽くしました。
                                                       至時が死んだ時、忠敬は非常に力を落としました。しかし、先生の教えを虚しくしてはならぬと思い、自らを奮い立たせ、とうとう日本全国測量の大事業を成し遂げました。
                                                    忠敬は74歳で亡くなりましたが、死ね時に「自分にこれだけのことが出来たのは、高橋先生のおかげであるから、自分が死んだら、先生の側に葬ってほしい」と家族に言い残しました。
                                                         今でも浅草の源空寺には、この師弟の墓が並んで立っています。