胃カメラ

鼻から胃カメラ
「鼻から胃カメラは楽だよー」という常連さんの声や、鼻から胃カメラのHPを見て、口から胃カメラよりも楽だと知り、早速予約して検査を受けてきました。
結論から言えば「どこが楽なんじゃい!わ〜れ〜」という感じで、マスターからすれば江戸時代の拷問を体験してきた気分でした。
     口からも鼻からも胃カメラがダメなら、一体どこからしたら良いのですか!?と神の前にひざまずきたい気分ですが、「鼻から胃カメラが楽だ教」に侵されているお客さんたちからは、
マスターが根性なしの烙印を押されて、奈落の底に突き落とされた気分で営業しています。
それでも、いや、きっと、この広く果てしない山陰地方の何処かに楽な胃カメラがあるはず。胃カメラは会議室で起きてるんじゃない!現場で起きてるんだ!と、靴底をすり減らして聞き込みをする基本を忘れていた事に、深く反省したマスターでありました。
来年もまた、あの恐ろしい胃カメラの日がやって来ます。「胃カメラは鼻から?口から?」なんていう質問は「釜ゆでか?張り付けか?」と同じでどちらも恐ろしい。お奉行さま、せめて八丈島に島流しでもしてくれたらと思う、今日この頃であります。
もし今が江戸時代だったら菓子箱に入れた小判で何とかなったのに。