米子鬼太郎空港の駐車場の池

お彼岸も終わり三寒四温を繰り返しつつ、境港では桜の木が芽吹くようになりました。しかしながら昨年と比べ今年は雪が積もらなかったせいか、農家の皆さんが水不足を心配する声も、早聞こえてきます。
近年、山の雪解け水が海に流れ込むことで、海が豊かになることがわかってきました。マスターも境港に住む、顔の平たい族の一員として、少しでも山の環境を整える活動に協力したいと思います。
昨年はその一巻として大山のミネラルウオーターの工場「サントリー奥大山ぶなの森工場」へ見学に行きました。そのあと大山のキャンプ場でテント泊をし、心ゆくまで豊かな自然を満喫致しました。
山陰は海や山など豊かな自然に恵まれています。山陰は「観光する場所がない」とよく言われますが、実は山陰は観光地では無く「住んで良さが実感できる」ありがたい場所なのであります。
写真は米子鬼太郎空港の駐車場、桜の木が林立する池のほとりで「♬梅は〜咲いたか♪桜はまだかいな♬」と、昼食を作るところであります。