さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog > 雑感

マスターのブログ Blog(雑感)

New 6月3日は「測量の日」です

 

今月は武漢コロナでヒマなので、新聞をじっくり読んでいると、先週の6月3日は「測量の日」と書いてありました。

 

「それがどーした?」という声が聞こえてきそうですが、

 

地図を作っている国土地理院のホームページに、平安時代や江戸時代など、日本各地で過去に起こった災害を伝承した石碑を、データベース化した地図があるそうです。

 

その地図上の印をクリックすると、過去にどのような災害があったか、石碑の写真と一緒に表示されます。国土地理院はこのように地域に根ざした活動をなさっています。

国土地理院ホームページ  ↓

https://www.gsi.go.jp/bousaichiri/denshouhi.html

ちなみに境港は災害が無いエリアなので石碑はありませんでした。よかったです。

 

しかしながら国土地理院は、沖縄にある尖閣諸島の久場島や魚釣島など、大きな島には名前を付けていますが、小さな無人島や岩礁には、名前を一つも付けていません。

 

それを知った中国は、小さな無人島や岩礁に中国名を付けてしまいました。海底にある海底山脈や大陸棚にも、中国の名前を付けています。中国ありがとう。

 

実は、尖閣諸島の海底には、熱水鉱床、マンガン団塊、天然ガス、コバルトリッチクラスト、メタンハイドレート、レアアース、レアメタルなど、日本が今まで海外から、我々の税金で買っているものがたくさん埋まっています。

 

これらを採掘し他国に販売すれば、日本は財政がとても豊かな国になります。我々の子や孫の年金の財源を心配する必要もなくなるでしょう。しかし日本政府はあまり関心がないようです。

 

一方、中国は長期的な視野を持った、とても賢い国なので、過去の貧しかった時代を忘れていません。さすが中国です。

 

14億人の人民にご飯を食べさせるため、北海道では静岡県と同じ面積の土地を買い、沖縄県の海底資源を取りに来ています。それを許している日本の国会議員も問題です。

 

武漢コロナでヒマになり、新聞や雑誌を読んで色々な勉強ができてよかったと思います。鳥取県民の80%が読んでいる「日本海新聞」はオススメの新聞です。県外の方はネットでも購読できますのでお試しくださいませ。

 

尖閣諸島

 

 

New 武漢コロナでヒマなので・・・

 

パンターD型

 

女子高生戦車アニメ「ガールズ  アンド  パンツァー」を子供が好きなので、子どもと一緒にドイツ軍の5号戦車パンターD型を作りました。

 

車体や砲塔部分は子どもが作りましたが、足周りは複雑なので、マスターが作りました。

 

前回は子どもと飛行機を作ったので、「日本男児たるもの戦車くらい作れなくては」という訳で今回は戦車のプラモ作りを指導しました。

 

写真は組み立てを完了した段階で、この後につや消しサフェーサーをスプレーしてから、下の箱絵のように、子どもに自由に迷彩に塗装させるつもりです。

 

5号パンター、しかも1944年のノルマンディー戦線といえば、やはりピンとくるのは「エルンスト・バルクマン」ではないでしょうか。

 

2015年にバルクマン・コーナーでの戦闘に疑義があると発表されましたが、マスターは大なり小なり同じような戦闘があったと思っています。

 

5号パンターは東部戦線のチタデレ作戦において、2キロの距離からソ連戦車T34の装甲を軽々と撃ち抜き、次々と撃破する成果を挙げました。

 

傾斜装甲や新型サスペンション、ハッチも上に開くタイプではなくスライド式を採用するなど、斬新なデザインと発想で、後の戦車開発に多大な影響を与えました。

 

ここまで読まれた方は、「マスターの好みでプラモを選んでる」と思われたかもしれませんが、まったくその通りでございます。

 

 

 

2021 今年も境港にマグロが揚がりました

境港 マグロ

 

今年も境港にマグロが水揚げされました。まだ始まったばかりなので、値段が高めですが、来週くらいから値段が落ち着いてくると思います。

 

もう少ししたらタイミングを見計らって、さかな工房でも買い付けるつもりです。ちなみに、マグロを仕入れた時には、刺し身が付くメニューには海鮮丼を含めて、どれにもマグロが入ります。

是非、冷凍していない生のマグロを堪能なさってください。

 

 

 

このページの先頭へ