脂が乗った境港サーモンです

 

今年も境港の沖合いで養殖された「境港サーモン」が始まりました。

 

さかな工房ではすでに海鮮丼などに使われております。

県外からのお客様は「なーんだ、サーモンか」とガッカリなさいますが、

 

1年のうちでわずか1〜2ヶ月しか食べることが出来ない、松葉ガニより漁期が短い貴重な境港サーモンであります。

 

宮城県女川町の皆様が、東日本大震災の復興の御礼にと、境港市に養殖サーモンの技術を教えて下さいました。

 

そのおかげで、今では境港市を代表する水産物の一つになりました。本当にありがたい事だと思います。

 

宮城県女川町の皆様には心より御礼を申し上げます。ありがとうございました。

 

生け簀から上がったばかりの、甘味のある脂が特徴の境港サーモンを、この機会に皆さま是非お試しください。