朗報であります!近所の大学生がさかな工房の危急を聞きつけアルバイトに来てくれることになりました。11月から平常営業に戻れそうです。

 

今でもさかな工房は近所の皆さんが働いて下さっていますが、また1人外江町の住民の方が助けてくれることになりました。本当にありがたいことだと思います。

 

 

さかな工房が外江町に出来たのが21年前なので、この大学生さんが産まれた時にさかな工房も誕生しました。まさに同じ時代を生きてきた仲なのであります。

 

月日が経つのは早いと言いますが、マスターも同じように歳を重ねているのだと気が付き、思わず「やばいよ、やばいよー」と電動バイクで走り出したい気分になりました。