さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog

マスターのブログ Blog 時事雑感

New あなたとわたしの ジャージミルクロール

ルタオのジャージミルクロールでごわす

以前、広島市のそごうデパートの食品売り場を散策していたら、

 

「北海道からルタオがやって参りました!」と店内から連呼&絶叫が聞こえました。
「ルタオ」とは選挙の候補者の名前ではなく、お菓子屋さんの名前です。

 

実はこの「ルタオ」のジャージミルクロールというロールケーキがめちゃくちゃ美味しいのであります。

 

北海道は寒いところですので、牛にジャージを着せて作ったミルクロールに違いありません。雄牛はみどりのジャージ、雌牛は赤だと思います。胸に名前が書いてあったりして。

 

写真は、マスターの家内がプレゼントしてくれたジャージミルクロールです。2日間かけて牛のように、ゆっくり頂きました。ありがとうございました(´ω`)

 

皆さまにおかれましても、機会があるようでしたら是非ご賞味頂けたらと存じます。

 

 

 

 

 

皆生温泉 日帰り入浴 Day bathing of Kaike Onsen

 

下をクリックすると皆生温泉の露天風呂から見た景色が見れます。↓

 

D319BC26-5EF0-4D37-A94D-FE2265D91F2F

 

 

 

この間、母を連れて皆生温泉に日帰り入浴をしてきました。たまに皆生温泉に湯治に行きますが、半日入るだけで肩こりや筋肉痛が無くなりスッキリします。

 

山陰地方は車で15分も走れば、必ずどこかに温泉がある地域ですので、県外に旅行に行くと温泉がないところがあり、困ることもしばしばです。

 

皆生温泉は、日帰りの入浴施設もありますし、温泉旅館はどこも日帰り入浴だけでもできますので、日本海を眺めながら露天風呂に入るのをお勧めします。

 

カニかけご飯 10月初旬より

地元の皆さんから絶大なる支持があるカニかけご飯です

皆様にご好評いただいている「カニかけご飯」のメニューでございますが、

 

品薄による原料高騰で紅ズワイガニが未だにご用意できません。もう暫くお待ちいただきますよう、何卒よろしくお願い致します。

バスの旅 松江市

松江   大橋川をくにびき大橋より撮影

 

 

テレビで見た「路線バスの旅」を松江市内の循環バスに見立てて、子供と2人で楽しんできました。

 

久しぶりに松江市内を散策し宍道湖畔を眺めると、松江も少しずつ変わってきているのが実感できます。

 

 

JR松江駅では入場券を買ってホームに上がり、ベンチに座って列車を眺めながら子供とおにぎりを頬張り、旅ゆく人達を観察していると、

 

お昼なのに酔っ払いのおじいさんが話しかけてきました。

 

 

「あんたやちゃ、どこに行きなーかね?」

 

「この子が汽車を好いちょって見に来ちょーますわ」

 

「あ、そげかね 何歳になりなーかね? 」

 

「がいですが4歳ですわ」

 

「おっきゃん身体しちょーなーね」

 

というような東京都内でよく聞くありふれた会話をしていると、突然、

 

 

「あ!そげだ、こないだ2時間ほど、ミズカゼが止まっちょったわ」と思い出したように紙パックの日本酒をキューっとストローで吸いました。酔えば酔うほど頭が冴える「酔拳の名人」のようなおじいさん。

 

 

その後も色々な情報を提供して下さった70くらいの人生の大先輩。おじいさんが頑張って下さったおかげで、日本は豊かになりました。ありがとうございます。

 

 

僕もいつか子供と松江の方言で会話ができるよう、バイリンガルに育てていきたいと思います。

 

本のタイトルは「天の蛍 十七夜物語」です

天の蛍   松本 薫 著

 

 

岡山県の木こりの常連さんから突然一冊の本が送られてきました。

 

「天の蛍 十七夜物語」という戦国時代の山陰地方が舞台の物語で、松本 薫さんというかたが書いていらっしゃる本です。

 

正直、あまり期待してなかったので気が進まなかったのですが、読み出したらメチャクチャ面白く、一気呵成に読んでしまいました。

 

久しぶりに「本を貪るように読む」快感を味わえた本でした。木こりの常連さん、素晴らしい本をありがとうございます!

 

いつか物語の舞台である「江美城」の城跡に登ってみたいと思いました。

 

There used to be many castles in the San – in District long ago. Even now it is still possible to see Matsue Castle in Matsue City, as it is in the old days. If you come to Sakaiminato city, please visit Matsue Castle.

 

このページの先頭へ