伊達市長

 

この間、境港市長選挙があり、新しい市長に伊達さんが就任なさいました。その伊達市長は就任後の定例会見で、今期の支給予定の退職金(約1500万円)を辞退すると発表し、市民を驚かせました。

 

退任なさった前の中村市長も退職金を辞退なさっており、中村市長が辞退した退職金(約6600万円)を地域振興券の予算に投入し、全市民に一律5千円の地域振興券を配布なさいました。

 

更に、子供1人当たり五千円の食事券も追加で配りました。

 

以前より大阪、名古屋など各地の自治体では、市長や知事、議会議員みなさんの給料減額が行われています。安倍総理も2012年から今まで、給料を3割カットして1億円近くを辞退しているそうです。

 

自治体では給料減額が流行っているのでしょうか?何だか有り難いような、切ないような、複雑な気持ちです。

 

さかな工房と致しましても、これからも頑張って納税を致しますので、よろしくお願い致します。