さかな工房 ホームへ

このページの位置: ホーム > マスターのブログ Blog > 2019年 > 9月

マスターのブログ Blog(2019年9月)

11月から平常営業に戻れそうです

 

 

朗報であります!近所の大学生がさかな工房の危急を聞きつけアルバイトに来てくれることになりました。11月から平常営業に戻れそうです。

 

今でもさかな工房は近所の皆さんが働いて下さっていますが、また1人外江町の住民の方が助けてくれることになりました。本当にありがたいことだと思います。

 

 

さかな工房が外江町に出来たのが21年前なので、この大学生さんが産まれた時にさかな工房も誕生しました。まさに同じ時代を生きてきた仲なのであります。

 

月日が経つのは早いと言いますが、マスターも同じように歳を重ねているのだと気が付き、思わず「やばいよ、やばいよー」と電動バイクで走り出したい気分になりました。

 

 

 

 

ベルメゾン様が先陣を切って おせち料理の販売を開始してくださいました

 

令和元年のおせち料理

 

いつも当店のおせち料理をお買い上げいただき誠に有難うございます。

 

境港産紅ズワイガニなど海の幸を使ったデラックスな海鮮おせち。三段重で61品目、4人前を盛り込みました。

 

ベルメゾン様の通販サイトにて10月20日(日曜)までのご注文に限り、さかな工房おせち料理10%OFFの早割注文を承っております。

消費税10%込み通常価格  27000円が、

10月20日までにご注文頂くと、10%引きの税込24300円でのお届けとなります。

 

 

[ベルメゾンおせち  ○、検索]もしくは、

フリーダイアル  0120-85-1000

 

にお電話を頂きますと、オペレーターさんが応対してくださいますので、宜しくお願い致します。

 

 

 

どうか千葉の皆様に平穏な日々が早く戻りますように

この度の台風の影響で、主に千葉県の皆さんに被害があり、現在でも大変なご苦労をなさっています。一日も早く普通の生活に戻れますよう、心よりお祈りしています。

 

 

マスターの叔母も千葉県の市原市に居住しており、ゴルフ練習場のネットが倒壊したり、断水停電で猛暑の中、困った生活を強いられました。

 

 

首都圏にある千葉で復旧作業がこのような状態だと、もし南海トラフ地震が起き、関東地方全域が被害に遭った場合、大変な事態になると思います。

 

 

日本政府の危機管理を担当する皆様には、今後とも日本国民の安全の確保を宜しくお願い致します。

 

 

境港市の周辺では、宍道湖から中海を経て境港に至る沿岸で、水面より5.5メートルの高さの堤防工事が進んでいます。

 

 

今まで水害の懸念があったのに放ったらかしにされていましたが、安倍政権になり国土強靭化が推進されている模様です。

 

 

これで観光客の皆さまも安心して松江市や境港市を観光して頂けます。本当に有り難いことだと思います。

 

 

東京スカイツリー

最高地点 です

 

先日、マスターの結婚記念日に家族そろって東京スカイツリーに行って来ました。

 

 

敷地内には水族館やプラネタリウム、ポケモン館や、トミカショップ、プラレールショップがあり、子供たちにとって東京スカイツリーは、湊山公園に次ぐ楽園でありました。

 

 

子供たちや家内が喜ぶ姿を見て、しみじみと家庭を持つ幸福感に浸ったひと時でありました。その後はお約束の浅草観光です。

 

 

浅草寺でマスターが両手を広げ全身に線香の煙を浴びるのを、西洋人が不思議そうに眺めているのを見て、アイドントスモーク(タバコは吸いません)と言おうと思いましたが、冗談が通じないとイヤなのでやめました。

 

 

今回の東京旅行でマスターが一番嬉しかったのは、タピオカミルクティを1リットル飲めた事。たぶんもう1リットルくらい飲めたと思いますが、諸般の事情によりやめました。

 

 

タピオカミルクティはマスター感動の忠犬ハチ公の街、渋谷で流行っていると聞いて、風呂上がりにジャージの腰に手を当てながら飲みたくてしょうがなかったのです。

 

 

 

 

いつか解き放たれた猟犬のように、タピオカミルクティを2リットル飲める日が来るまで、血糖値の上昇を抑えたいと思います。

 

 

今回、夜の営業がままならない時に東京旅行など不謹慎だと思いましたが、結婚記念日や子供たちの学業、増税や年金減少による景気悪化など、このあと旅行に行く機会は減っていくと考え、思い切って定休日に行って参りました。改めて家族っていいなと実感した旅でした。

 

 

この度の旅行に理解を示してくださったご常連の皆様ありがとうございました。そしてご迷惑をおかけしたお客様にお詫び申し上げます。

このページの先頭へ